海外駐在員3年目が考える、新卒1年目から習慣づけたほうが良いたった一つのこと。

こんにちは、Rockyです。

先日とある就活セミナーに、
海外駐在経験者として登壇させていただく機会がありました。
コロナ禍で新卒採用にもどのような影響があるか分からず、
不安を抱く中でも、熱心に活動を続ける学生さんたちがいます。
そんな学生さんたちから、
「社会人としてどんなことを意識してきたか?」
という類の質問を受けたので、
その際の回答を記事にしたいと思います。

結論~常に自分なりの意見、アイディアを持ちづづけること~

結論からいいます。
要は「あなたは自身どうしたいの?」ということです。
某人材大手会社の社内用語でもあるようです。(笑)

わかりやすく言うと、
上司に対して「どうしたらいいですか?」と聞くこと。
これはもうNGだと思ってます。
質問するときは、「私はこう考えるのですが、どうでしょうか?」
というスタイルを心掛けることをおすすめします。

私自身も上司から口を酸っぱくして言われ続けてきて苦しい思いをしましたが、
今となってはかなりありがたいことだったと感じています。

何故大事なのか

では何故大事なのか。
現代社会において、
自分オリジナルの意見やアイディアの価値が高まっているからです。

今は情報社会です。
どんな疑問でも大抵のことはググればなにかしらの答えが得られます。
なので本来ある程度の答えは上司に聞かなくても得られるわけです。
また、上司に質問をするということは、
大げさに言うとその上司の時間を奪っていることになります。
もっと大きくいうと本来会社としてお客様に提供できる価値や時間が少なくなるわけです。

テクノロジーが進化するにつれて、
世の中の情報量はさらに豊富になりますが、
あなた個人の意見やアイディアは、あなたにしか作れません。
だからこそそこに価値があるわけです。

誰も5年後、10年後のことは見ることができません。
スマホがこれだけ普及するのを予測できた人なんてほんの一握りだと思います。
前提として、正解はないのです。
だからこそ常に、あなたオリジナルの意見、アイディアを持つようにしましょう。

習慣づけるためのトレーニング

私が社会人1年目のころは、幸いにも厳しく言ってくれる上司に巡り合えたので、
強制的に習慣化できました。
今も続けていますが、
ここで一つ、おすすめのトレーニング方法を紹介したいと思います。

それは、News Picksを使うことです。※ステマじゃありません(笑)
News Picksは自分の興味のある業界やキーワードを登録すると、
それに関連した記事がフィードに流れてきます。
記事を読んで、
自分の意見を一言添えて、※Pickするだけです。

※記事をピックアップして、自分のリストに登録すること。
 その際自分のコメントを入力することができます。

世の中の最新情報に対して、
自分が思うことや、改善案を繰り返しアウトプットするのです。
設定変更で、周りに公開しないこともできるので、
気軽にトレーニングできると思います。

最後に

私はカンボジアで拠点責任者として駐在しているのですが、
海外勤務という環境こそ、「答え」がありません。
常に自分で考えて、アクションして、改善する。
これを自分自身で繰り返していくことがより重要になる環境です。
経済成長のスピードが速いのも影響してきます。

少しでも海外勤務を考えている人は、
是非一度トライすることをおすすめしたいです。

お問合せフォームから質問も受け付けております。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です