【プノンペン駐在員激選】おすすめしたいホテル4選!

旅行を最大限に楽しむために、
宿泊先はかなり重要なポイントだと思います。
「旅の疲れを癒す場所」「一日の思い出を振り返る場所」「旅の始まり、終わりの場所」、、、
宿泊先の役割は大きいですよね。
プノンペンに駐在している私の観点からではありますが、
個人的におすすめしたいホテルを4つ紹介したいと思います。
ちなみに実際に宿泊したのはうち3つのみで、1つは実際に泊まったわけではありません。。。すみません!

その前にプノンペンの宿泊先の種類と価格帯について触れておきたいと思います。

プノンペンホテルの種類と価格帯について

プノンペンにある宿泊先については下記のように大きく3つにカテゴライズできると思います。

①高級ホテル(相場:10,000円~/泊)

有名どころでいうと、
ソカホテルラッフルズホテルが該当します。

②中級ホテル(相場:3,000円~8,000円/泊)

今回ご紹介するナガワールドホテルや、イロハガーデンホテルが該当します。

③格安ドミトリー、ゲストハウス(相場:500円~1,500円/泊)

僕が学生時代一人旅で宿泊したキャピトルゲストハウスなどが該当しますね。
1泊800円と安い!
最近だと「トークンハウス」という月額5,000円で、
トークンという独自のポイントを付与してもらうことで宿泊ができる画期的なサービスもあるそう。

と、
上記のように様々あります。最近だと②の中級ホテルが増えて来ているように感じます。
旅行客も年々増えているようなので、今後も宿泊先は増えていくと思います。
旅の目的や費用によって最適は宿泊先を選ぶようにしましょう。

今回の記事については主に②を中心に紹介していきます。
なので僕が学生時代に経験した貧乏一人旅をする方というよりかは、
一般的な旅行客向けのホテルに該当すると思います。
それではよろしくお願いします。

No1 イロハガーデンホテル&リゾート

本サイトはこちら
Facebookページはこちら

場所について

場所はボンケンコンエリアの少し南に位置する、
トゥールトンポンエリアですね。
前回紹介しました日本食屋さんのエリアです。
絆ストリート(st63)と呼ばれる日本の飲食店やお店がずらっと並ぶ通りの近くなので、
立地はかなり良いと思います。
ちなみにAEONからはトゥクトゥクで5分~10分ほどでいけます。

料金について

部屋のタイプによって異なりますが、1部屋(2人)で7,000~10,000ほどです。
中級クラスでも少し高級クラスに入るかと思います。
※朝食付き
※プール付き!

おすすめポイント

日本人夫婦が経営しているホテルなので何より安心です!
出かける際にトゥクトゥクのチャーターや、夜間の警備等もしっかりとされています。
また朝食がかなり美味しいです。
4種類ほどのメニューから選べるのですが、
プールサイドで食べる朝食は最高ですね。

No2 ナガ ワールド ホテル & エンターテイメント コンプレックス

本サイトはこちら
Facebookページはこちら

場所について

場所は独立記念塔の近くにあります。
ナガーワールドホテルは1号館と2号館二つに分かれているので、宿泊時には確認が必須です。
※地下通路がつながっているので行き来は簡単です。
こちらもAEONからは約5分~10分ほどですね。

料金について

お値段は約8,000円/泊ほど。
※朝食付き

おすすめポイント

とにかくホテル全体が金で覆われています。
一番のポイントはなんといっても一回にカジノがあるというところですね。
24時間営業でやっていますので、いつでも遊ぶことができます。
エントランスにはカンボジア人美女が常にたっており、旅行者を迎えてくれます。
立地についても独立記念塔の近くということもあり、
かなりキラキラしています。

No3 東屋ホテル

本サイトはこちら
Facebookページはこちら
※ベトナム版となります。

場所について

場所はプノンペンの少し北側、
プノンペンタワーの向かい側に位置します。

料金について

こちらは1部屋4,000円~6,000円/泊と、
先程紹介したナガワールドやイロハホテルに比べて割安となります。
※朝食付き
※露天風呂付き!

おすすめポイント

こちらは日系ホテルになりますが、
屋上に露天風呂が完備されています。
プノンペンで入れるのはここくらい?
宿泊客のみではなく、入浴のみのお客さんも利用可能です。
旅の疲れを癒すという意味でもここはおすすめです!

No4 HOTEL CORDUROY

本サイトはこちら
Facebookページはこちら

場所について

こちらも独立記念塔の近くに位置しています。
バサクレーンと呼ばれる、外国人向けバーが密集するゾーンの近くですね。
本格ピザ屋さんや、おしゃれなBARが近くにあるので、おすすめです。

料金について

1部屋5,000円~7,000円/泊
※朝食は別料金です。
※プール付き!

おすすめポイント

ホテルの一回がBAR兼レストランになっているのですが、
料理がおいしいです。。。!
日本の料亭で何年も修行した方がシェフを務めているのだとか。。。
近くにおしゃれなBARやレストランもあるのでおすすめです。

宿泊時の注意点

貴重品の管理

これはどこへ行っても共通して言えることかもしれません。
ここで紹介したホテルはしっかりとしたところなのでそこまで心配する必要はありませんが、
リバーサイドエリアなどで宿泊される方は治安も悪いゾーンではあるので注意が必要です。
常に決まった場所で管理し、金庫がある場合は使うなど責任を持って管理しましょう。

チップについて

カンボジアにもチップ文化はありますが、
そこまで強制感は正直ないと感じます。
重い荷物を持ってもらったときや、何か+αのサービスをしてくれたときは、
気持ちを込めて渡せば良いと思います。(2,000リエル~1$ほどで十分かと思います。)

水道水!

いくらきれいなホテルであったとしても、
飲料水は近くのコンビニ等でミネラルウォーターを購入することをおすすめします。
火を通せば大丈夫だと思いますが、せっかくの旅行でお腹をこわしてしまってはもったいない!

まとめ

今回おすすめしたホテルについては、まず間違いはないと思いますし、
安全でクオリティも高いホテルだと思います。
エリアによっては治安の悪いホテルや、イメージと違うホテルもあるかと思いますので、
しっかり情報収集したうえで決めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です