プノンペン空港への行き方【空港⇔都心】

一番注意すべきは渋滞!~プノンペン空港までの道のり~

家に着くまでが遠足です。と良く聞くセリフがありますが、
空港までの所要時間、行き方についてしっかり把握しておいた方が、
気持ちよく家にたどり着くことができるかと思います。
都心からプノンペン空港までの道のりは非常に混むことが多いです。
空港までの行き方などを踏まえて、参考にしていただければと思います。

都心から空港まで

都心(ボンケンコンエリア)から空港までは大体30分がアベレージでかかる時間ですが、
時間帯によってはかなり混雑し1時間以上かかるときもあるので注意です。
早朝と深夜以外の時間帯、特に夕方から夜にかけては混みます!
▼それぞれの乗り物と、想定時間を記載した図です。

Googleマップで調べると分かりますが、110号線が特に混雑します。
優秀なトゥクトゥクドライバーであれば独自のルートで渋滞を回避することもありますが、
基本的には上記図の+10~15分くらい多く見積もって行動した方が良いと思います。

また、バンで空港の中まで入場する場合は、
通常の乗車料金に+でチップ(空港内停車時にかかる料金)を何ドルか支払う必要があるので、
降車の際に請求されても焦らずお支払いください。

空港から都心まで

続いて空港から都心までの移動方法についてです。
主に、
・配車サービス(GrabやPass app
・タクシー
・ホテルの送迎者※ホテル側が無料で手配することが多いと思いますので、お問い合わせしましょう。
大きくこの3つとなります。

都心までの料金の目安ですが、
空港内タクシー:$10~$15
配車サービストゥクトゥク(インド式):$3~$4
配車サービストゥクトゥク(Traditional):$5~$7
流しのトゥクトゥク:約$8
となります。※交渉の仕方によって変動するかと思います。

配車サービス

人数にもよりますが、少人数(1~3人)の場合は配車サービスを使うことをおすすめします。
圧倒的に安いです。
ただし、トゥクトゥクドライバーさん達は空港内で待機することができないので、
外まで行く必要があります。

この黒く囲ってあるスポットに、ドライバーさん達が待機しています。
流しのドライバーに声をかけられまくりますが、気にせず配車サービスでマッチングしたドライバーと落ち合ってください。

空港内タクシー

空港の外に出ると、たくさんのタクシードライバーがお客さんを探しています。
目安の料金であればそのままついて行っても問題ないかと思います。
交渉が済むと、荷物をトランクまで運んでくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
国際線の場合は、出発の2時間前までに空港に到着しておくことが基本です。
都心から空港までの行き方や所要時間を把握しておき、
計画的に空港へ到着できるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です