カンボジアの2大タクシー配車アプリ、「PassApp」「Grap」の使い方

カンボジア生活において必須アプリ、

配車タクシーサービスを使ってみよう!

カンボジアの主流移動手段トゥクトゥク

みなさんはカンボジアで街中を移動するとき、どんな手段があると思いますか?
バイク?自転車?タクシー?車?。。。もちろんこれらも使われます。
※ここ最近では車の数が驚異的に増えています。その影響もあって渋滞も多いです。
ですが、旅行者のみなさんにおすすめしたいのは上記の乗り物ではなく、
そうですね、「トゥクトゥク」です。

 

 

 

 

 

 

そうです上の写真のような乗り物のことを指します。
黄色の乗り物がインド式トゥクトゥク、赤いほうがカンボジアオリジナルのトゥクトゥクです。
ちなみにタクシー配車アプリではインド式トゥクトゥクが主流で、
街中にもこのタイプのトゥクトゥクが増えており、カンボジアオリジナルトゥクトゥクの運ちゃんは基本流しなので、配車サービスにお客さんをもっていかれるので困っているそう。。。
※たまにすごい嫌な顔で見られたり、ひどいときは罵声を浴びせられます。
流しのトゥクトゥクの前ではどうどうと使わず、こっそり使った方が無難です。

使い方の紹介「PassAppの場合」

さっそく使い方について説明していきましょう。
まずはPassAppのアプリケーションをダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

 

赤枠で囲ってあるこちらです。
※タクシーアプリって実はカンボジアだけでも複数ありまして、
今回紹介する「Passup」「Grab」だけでなく、「Phumi Taxi」や「EagleAppTaxi」などさまざまあるんです。

登録方法は電話番号を使用します。
国番号と電話番号を入力し、サインアップしていきます。
電話番号を入力するとSMSで3桁の確認コードが届くので、
届いた番号を入力すると認証完了です。

 

 

 

 

 

 

 

TopページのUIはこんな感じ、
ユーザーの現在地と周辺のトゥクトゥクの位置情報が映し出されます。早速ドライバーを呼んでみましょう。
「Set pickup」のボタンをタップします。
※現在地はほとんどの確立でづれて表示されるので、しっかりと自分の位置を合わせてからタップするようにしてください。
すると車両のタイプを選ぶ画面が出てきますので、「Rickshaw」というインド式トゥクトゥクをタップしましょう。
他にも通常のタクシー、SUV、カンボジアトゥクトゥクと、
全部で4種類の中から選ぶことができます。
価格はRickshawが一番安く、初乗りが3,000リエル(85円くらい)、ドライバーの数もこのタイプが一番多いです。
※画面でも確認できますが、1キロあたり1,200リエルで加算されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Set pickup」をタップすると下の画面に移動します。
目的地を設定しなければならないので、「+Add dropoff」をタップします。
住所から検索するか、Googleマップからピンをドロップして目的地を設定します。
画面はGoogleマップの画面です。
イオンモールに行きたい場合はこんな感じでドロップして、「Confirm dropoff」をタップします。
ドロップしたら先程の画面の、「Confirm booking」を再度タップします。
3枚目の画面のようにArrivingとなったらドライバーの到着です。
ドライバーを呼んでる間にキャンセルしたい場合は、左上の「Cancel」ボタンを押してキャンセルすることができます。
※ドライバーがかわいそうなのであまりキャンセルはないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライバー到着です。
陽気な運ちゃんが多いので、ドライバーとのコミュニケーションを楽しみましょう。
目的地に到着するとドライバーが到着ボタンをタップします。すると料金が表示されます。
※ドライバーとはアプリ上でつながっています。
料金を確認し、お支払いです。
この時はTIPは渡さなくても渡してもどちらでも良いです。コミュニケーションの気持ち良いドライバーには余分に渡したりします。
Deja cafeに到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方の紹介「Grabの場合」

こちらも同様まずはアプリをダウンロードしましょう。
Grabの場合はたしかFacebook連携で登録ができたはずです。。。
TOP画面のUIは下の真ん中の画像です。現在地にPINを合わせて「Enter destination」をタップしましょう。
こちらも同様に、目的の住所やキーワードを入力するか、右上のマップボタンを押すとマップ上からPINを設置することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的地を設置し「Confirm」をタップすると、
確認画面に移ります。
確認画面上車両の種類の選択、料金の確認、など行います。
※Passupではこの時点で料金の確認をすることはできません。
マッチングするとドライバーの推定到着時間と、マップでの現在地が表示されます。
ドライバーのプロフィールなども確認することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Passup同様ドライバーが到着したら、「スオスダイ!」※クメール語で「やあ!」の意味
と挨拶し乗車しましょう。

PassupとGrabの違いについて


PassupとGrabではアプリの利用目的は同じですが、
若干異なる点もあるので紹介したいと思います。

料金が先に分かる

上記にもありますが、Grabの場合はブッキングする前に料金を確認することができます。
ドライバーが道を間違えて余分に距離が発生した場合にも料金は変わりません。

マッチングのしやすさ

これは人によって意見が異なるかもしれませんが、
マッチング度だとPassupの方が高いかもしれません。
ブッキング設定をしてからマッチングまでの時間が短い気がします。

ドライバーの能力

能力はカンボジアの地理をどれだけ理解しているか、地図がちゃんと読めるかといった意味です。
能力でいうと、Grabの方が若干高いと思います。
ここも人によって意見は変わりそう。。。

プロモーションの頻度

Grabはみなさんご存知のとおり、Uberが買収したサービスです。
プロモーション期間になると、Facebook上などでコードを入手し、アプリで入力すると割引されたりします。
Passupはそういったキャンペーンなどはほとんどやっていませんね。

配車アプリ利用時の注意点

道を間違える

Googleマップが表示されていたとしても、道を間違えることは非常に多いです。
地図の見方がわからないドライバーもいるので、
タウトロン(まっすぐ)、モッスダム(右に曲がってください)、モッチョウェイ(左に曲がってください)、チョップチョップ(止まって止まって)、
くらいは覚えておいた方が良いです。
また道を間違えてもイライラしないことが大切です。

雨の日はマッチングしづらい

カンボジアは5月下旬から10月下旬にかけて雨季になり、毎日雨が降ります。
雨が降ると街で渋滞が起こりやすいため、ドライバーもあまり仕事をしたがらないせいか全然マッチングしません。(笑)
全然こなくてもイライラしてはだめです。

流しのトゥクトゥクとは関係が悪い

これは人それぞれあると思いますが、空港やイオンモールなど流しのドライバーが固まっているところで配車サービスを使うと、
嫌な顔をされたりします。時にはここは俺たちの縄張りだからと、ドライバー同士で口論になったりもします。
なるべくそういうところでは少し場所を移動するなどしてトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

ひったくりに注意

ここは旅行者が移動する際には最も気を付けていただきたいポイントです。
外の眺めを撮影しようとして、スマホを車体の外に出したりすると危ないです。
私もトゥクトゥク乗車中外側でスマホをいじっていたところ、後ろから来た二人乗りバイクに盗られそうになりました。
早く気づけたのでさっと手を引っ込めましたが、危なかったです。。。

まとめ

旅行者にとって移動手段は押さえておきたい重要なポイントになると思います。
配車アプリを使うと、流しのトゥクトゥクと比べて約3分の1くらいの価格で移動することができます。
またカンボジア人の特性に触れることができるのも、トゥクトゥクの良いところでもあると思います、
是非ドライバーとのコミュニケーションを楽しんでみてください。結構ノリが良い方が多いです。
この記事で紹介した「Passup」「Grab」は配車アプリの中では間違いないと思うので、
是非使って、カンボジアでの旅行、生活を楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です