プノンペンの焼き鳥居酒屋【123 Street Japanese Chicken Cuisine】の紹介

駐在生活中にふと思うこと。。。

日本食が食べたい!
ということで今回は家の近くでもあり、仕事帰りにたまに行く、
日本人経営の、123 Street Japanese Chicken Cuisineに行ってきました。

基本情報

その名の通り、場所はToul Tom Pong(トゥールトンポン)エリア、
st,123とst,460の角に位置しています。
プノンペンには数多くのの日本食レストランがあり、焼き鳥屋さんも何店舗かありますが、
トゥールトンポンエリアで焼き鳥が食べられるのはこのお店くらいではないでしょうか。

おすすめメニュー

今日食べたのは、一杯$5の親子丼。
玉子も鶏肉も臭みは一切なく、日本人シェフの方がしっかりスタッフを教育されているんだな~という印象でした。

 

店内は間接照明をうまく使っていて、良い雰囲気です。
店員さん直筆の張り紙や、石のコースターを使う(コーラ飲みました。)など、

 

オムライスもめっちゃうまいっす。

 

ケチャップで123と書いてくれます。スタッフさんの愛情ですね。仕事の疲れも吹っ飛びます。

 

 

看板娘の猫ちゃん。迎えのお店に彼氏がいるらしく、いつもこうして外を覗いているらしい。可愛い。

まとめ

今回は親子丼とオムライスのみの紹介でしたが、その他にも豊富な焼き鳥などなどあります。
トゥールトンポン付近でお見せ選びに困ったら、是非試してみてください!

Facebookのページはこちらです。

お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です